アクセス JR山手線・東急池上線 五反田駅徒歩2分 都営浅草線 五反田駅 A6出口徒歩1分
休診日:水曜、日曜、祝日
診療時間 日 祝
10:00~13:00 - - -
15:00~19:00 - - -
初診WEB予約

強迫性障害

強迫性障害とは

強迫性障害も不安障害のひとつです。これは、自分自身でも無意味な行為と理解していながらも、頭の中でその状況が繰り返し浮かんでしまう(強迫観念)ことで、自分の意思に反するとわかっていても、その行動を繰り返さずにはいられなくなる状態(強迫行為)を言います。このような症状が現れていると、強い不安やこだわりなどが日常生活にも影響を及ぼすようになります。

強迫症状はうつや統合失調にも

具体的によく見られる行動としては、玄関の鍵やガス栓を外出の際に閉めたかどうか不安になって何度も家に戻るようになって、そのうち外出自体を避けるようになる(確認行為)、汚れや細菌汚染を恐れて手を繰り返し何度も洗い続けてしまうことで、手の皮が剥けて皮膚が障害を受ける(汚染恐怖)、誰かに危害を加えたのではないかと心配になり、通って来た道を戻って確認する(加害恐怖)、自分の決めた回数や手順に沿って物事を行わないと不安になるので、それに従う(儀式行為)などがあります。このような強迫症状は、うつ病、統合失調症など、他の精神疾患でもよく見受けられます。

なお発症の原因ですが、最近になって脳内の神経伝達物質セロトニンの代謝に関係があるのではないかと言われるようになりましたが、現時点では不特定です。

治療について

抗うつ薬による薬物療法と、精神療法の認知行動療法を併せて行うようにします。

強迫性障害のセルフチェック

下の質問の各項目についてあてはまる症状はありますか?

  • 自分や周囲が不潔であると感じる
  • 取返しのつかない間違いを犯すのではないかと心配である
  • 本心ではない雑念が思い浮かび、罰を受けると心配になる
  • 不吉な想像が浮かび現実になるのではないかと心配になる
  • 戸締りやガスの元栓、火の元など何度も安全を確かめてしまう

あなたはいくつチェックが入りましたか?いくつかの項目にあてはまる場合は強迫性障害の可能性があるため、お早めにご相談ください。

お問い合わせ 03-3447-9988

初診WEB予約