アクセス JR山手線・東急池上線 五反田駅徒歩2分 都営浅草線 五反田駅 A6出口徒歩1分
休診日:水曜、日曜、祝日
★火曜、土曜の診療は10:00~14:00
診療時間 日 祝
10:00~13:00 - -
15:00~19:00 - - - -
初診WEB予約

適応障害

適応障害とは

新しい環境になかなか馴染めないことが引き金となって、心身に様々な症状がみられるようになり、それがやがて日常生活にも支障をきたしてしまうほどの状態になっている場合を適応障害と言います。

発症原因がはっきりしていることが多いのが特徴で、多くは生活環境の変化です。例えば、新しい土地や職場、学校を移る、昇進、配置転換などがきっかけとなるようです。このように適応障害は、ストレスに対する正常な感情的反応(ストレス反応)の延長線上にあります。そのため健康な方が受けるストレス反応との違いは重症度です。なお発症までの期間については、生活の変化や強いストレスのかかる出来事が生じてから1ヵ月以内に見受けられるようになります。

症状について

主な症状としては、抑うつ気分、不安、心配などの症状が現れるほか、普段とは異なる問題行動(遅刻、欠勤、早退、暴飲暴食など)や身体症状(不眠、食欲不振、全身倦怠感、疲れやすい など)も見られるようになります。

うつ病とよく似た症状が特徴ですが、うつ病とは違ってストレスの原因や出来事がはっきりしているので、その原因を取り除けば次第に症状は改善されます。ただし、ストレスの原因から離れられない状況では、症状が慢性化することもあります。

治療について

まず原因とされるストレスの原因の軽減を図れるようにします(ストレス因の除去)。さらに環境を調整し、適応しやすい状態に整えます。

なお環境調整が難しい場合に行うのが、認知行動療法や問題解決療法です。薬物療法(抗不安薬や抗うつ薬 など)は対症療法として用いることもありますが、根治療法ではありません。

適応障害のセルフチェック

下の質問の各項目についてあてはまる症状はありますか?

  • 体調を崩すことが多く、なかなか治らない
  • 手足が冷えてしまい、いつも冷たい
  • めまいや立ちくらみ、さらには吐き気を感じることがある
  • 動悸により息苦しさを感じることや胸が苦しいことがある
  • 肩凝りしやすいことがある、夜眠れないことがある
  • しっかりと休みを取っているにもかかわらず、疲れやすい
  • 寝つきが悪く、寝れないことがあったりする
  • 大したことではないのにイライラして腹が立つことがある
  • 人間関係がおっくうに感じる
  • 気分が沈んで、気が重く、辛い日が多い

あなたはいくつチェックが入りましたか?いくつかの項目にあてはまる場合は適応障害の可能性があるため、お早めにご相談ください。

お問い合わせ 03-3447-9988

初診WEB予約