アクセス JR山手線・東急池上線 五反田駅徒歩2分 都営浅草線 五反田駅 A6出口徒歩1分
休診日:水曜、日曜、祝日
★火曜、土曜の診療は10:00~14:00
診療時間 日 祝
10:00~13:00 - -
15:00~19:00 - - - -
初診WEB予約

院長紹介

院長挨拶

現在の滋賀県である近江にて医大生時代を過ごした私は、近江商人哲学の「三方よし」という言葉を座右の銘としてここまで仕事を続けてきました。三方よしとは、『売り手によし、買い手によし、世間によし』ということですが、このような考えに至ったのは精神科医になりたての頃に、次のような患者様方を多く担当したことがあったからです。

不眠から始まり、理由もなく涙が流れ、意欲も減退し、最終的に何もする気になれず、仕事にも行けず、家庭のこともできなくなった会社員の方々や主婦の方々が多くいらっしゃいました。その後、継続した外来通院にて患者様方は無事に回復され、ご満足下さりました。そしてその方々は会社に復職し、又は主婦業を従来通りにこなすことが出来るようになり、現在も会社や家庭内でご活躍されておられます。このような経験を通して私も僅かですが人様のお役に立つことができ、そして感謝されたことが、とても嬉しく、日々充実し、この仕事を自分の生涯をかけてやっていきたいと強く思うに至りました。

当クリニックに来院された患者様の悩みが解消されて満足し、そして医業を通して私自身も成長し、喜びを感じ、その結果、寛解された患者様方が社会復帰して各役割を果たされ、より良い社会を築いていく。そして当クリニックも地域に根付き、社会貢献していく。 「三方よし」の精神を胸に、微力ながらもこのような循環の一助を担うことが出来るクリニックを目指していきます。心の病でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

永山メンタルクリニック五反田 院長 永山真也

治療方針

精神科・心療内科の治療の基本はお薬による治療です。

各患者様に適した治療を相談しながら進めていく

精神科・心療内科の場合、投薬するケースが多いのは事実ですが、一方で服薬が不要であり、十分な休息や患者様が置かれている環境を調整することなどで改善する場合、その他、様々なケースもあります。どのような方法がその方にとって最良なのかを患者様と相談しながら治療していきます。

最小限の薬物治療を心掛ける

服薬はしないに越したことはないと思いますが、現在では様々な種類のお薬が発売され、副作用も少なく安心して飲んで頂けるお薬も多くなってきております。やむを得ず投薬が必要な場合は、効能と副作用のバランスをみながら、その方にとっての最小限を心掛けて治療していきたいと思っています。特に抗精神病薬及び抗うつ剤の多剤投与や、ベンゾジアゼピン系薬剤の複数投与はなるべく控えながら治療したいと考えています。

クリニックロゴの由来について

永山メンタルクリニック五反田のクリニックロゴは、植物の「カモミール」(カミツレ)をモチーフにしております。「カモミール」は古くから薬草として重宝され、その効能は多岐に渡り、植物のお医者さんとも言われております。今では、ハーブティー、アロマグッズ、ハンドクリーム、入浴剤など暮らしの中に幅広く取り入れられております。そんな「カモミール」の花言葉は、、、

「あなたを癒します」
「逆境に負けない強さ」

心の病で当クリニックにご来院いただいた皆様に、「カモミール」の花言葉のように、心に癒しと逆境に負けない強さを与えられるような、そんなクリニックになりたいと願っています。

略歴

  • 2004年 滋賀医科大学医学部医学科卒業
  • 東京警察病院にて内科、外科、麻酔科、救急、小児科、産婦人科、精神科、地域医療を研修
  • 医療法人社団根岸病院にて精神科急性期医療(措置救急、後方救急、2次救急など)及び精神科慢性期医療、認知症など多くの症例を経験し、2013年より医局長に就任
  • 東京都福祉保健局措置鑑定業務 非常勤
  • メンタルクリニック勤務にてうつ病などの気分障害、パニック障害などの神経症圏の外来治療も多く研鑽
  • 2019年4月永山メンタルクリニック五反田新規開業

資格・所属学会

  • 日本精神神経学会精神科専門医
  • 日本精神神経学会精神科指導医
  • 精神保健指定医
  • 認定産業医
  • 日本精神神経学会
  • 日本東洋医学会